読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強照明 LED電球 led蛍光灯

節電のために、いま話題のLED電球を買ってみようかと考えている人は多いだろう。直管形蛍光灯とは異なり、LED電球は従来の電球と同じ口金に装着でき、消費電力を大きく削減できる。例えば、「白熱電球60W型に相当する明るさ」というLED電球の消費電力は10W程度。白熱電球から交換すれば、消費電力を80%以上削減できる。

LED電球 

f:id:ketaoketaolala:20160613162005p:plain

照明器具に取り付けるLED電球を選ぶ場合、照明器具に用意されている電球用ソケットのサイズと形状などによる口金の種類を確認する必要があります。

代表的なLED電球である「一般電球形」の場合、一般白熱電球と同じ"口金"である「E26 口金」が使用されています。さらに、小形電球では「E17 口金」、ハロゲン電球では「E11 口金」などがあります。

 

1、光色を使い分ける

照明に凝りたい人なら、光の色にもこだわりたいところだろう。確かに、どの部分も青白い昼白色で照らすだけでは味気ない。昼白色はオフィスの執務室など、人間に集中力を発揮させる場所には向いているが、リラックスできる光ではない。

 リラックスしたい空間には電球色など、黄色に近い光色を選ぶと良いだろう。例えば、パナソニックは光色が電球色でランプを覆うカバーが透明な製品を販売している(図6)。このような製品を利用すると、一般的なLED電球とは全く違う光が得られる。場所と利用シーンを考えて光色を選ぶと、電球を入れ替える前と全く異なる雰囲気を演出できるだろう。

led蛍光灯 

f:id:ketaoketaolala:20160613162023p:plain

2、使用する器具について

LED電球は、照明器具によっては、一般白熱電球などの白熱電球から置き換えて使用できない場合があります。 
LED電球を照明器具に取り付ける際、LED電球の形状や大きさが一般白熱電球と異なる場合は、取り付けできない場合があります。また、通常、LED電球のほうが一般白熱電球より重いことから、LED電球を取り付ける照明器具により、その質量を考慮する必要がある場合があります。 
そのほか、密閉形照明器具での使用や、調光器との組み合わせ、断熱施工照明器具での使用などでは、それらの使用条件に適合したLED電球を選定する必要があります。LED電球の商品パッケージに記載の仕様や「安全上の注意」、「使用上の注意」を確認して、安全に正しく使用する必要があります。

照明器具  

f:id:ketaoketaolala:20160613162041p:plain

深圳奥克索科技有限公司のホームページでも、「LEDランプの選び方・使い方」をはじめとしたLED照明についての情報が掲載されていますので、こちらも参照されることをお薦めします。